スタッフ

運営委員

  • 部門長
    廣野 喜幸
    総合文化研究科 教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    科学技術リスクのコミュニケーション/科学映画の歴史的・社会学的分析
    一言メッセージ
    私は卓球が下手の横好きです。特にラリーが続くと嬉しくなります。コミュニケーションはキャッチボール。いい打ち方、受け止め方、返し方を身につけてみませんか。一生の財産になりますよ。
  • 副部門長
    深津 晋
    総合文化研究科 教授
  • 石原 孝二
    総合文化研究科 教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    科学技術哲学/現象学/精神医学の哲学/心の哲学/障害の哲学
    一言メッセージ
    自分の専門領域とは異なった領域の学生や教員との交流は良い経験になるのではないかと思います。
  • 大杉 美穂
    総合文化研究科 教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    哺乳類の受精/発生についての科学的知見と生殖/繁殖
    一言メッセージ
    科学的好奇心をもち、自発的に行動できる学生さんと一緒に議論を進めていくことを楽しみにしています。
  • 岡本 拓司
    総合文化研究科 教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    科学史/技術史/高等教育史
    一言メッセージ
    世の中の主要な科学論は、カントやエンゲルス、レーニンに由来しており、自然科学のみでは科学に関する議論が構築できないことを示している。広く学びましょう。
  • 梶谷 真司
    総合文化研究科 教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    現象学/身体論/医療史/歴史哲学
    一言メッセージ
    知識は社会とつながってこそ生きたものになります。学問を死に至らせないためにも、自分をどのようにして社会と現実に結び付けるか考えましょう。
  • 藤垣 裕子
    総合文化研究科 教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    科学者と市民との対話の設計/科学者の社会的責任/教養教育と科学コミュニケーションの連携
    一言メッセージ
    科学と社会の架け橋となる意欲ある学生に受講していただければと思います。また、人文・社会科学インタープリターに興味のある方も歓迎です。
  • 松田 恭幸
    総合文化研究科 教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    科学教育/科学者集団の意思決定/科学技術行政の意思決定
    一言メッセージ
    私の本職(?)は素粒子物理学の研究です。こうした研究の意義をどう考えるべきなんだろう?と思ったことがきっかけでこのプログラムにお邪魔しています。皆さんと一緒にいろいろな議論をするのを楽しみにしています。
  • 豊田 太郎
    総合文化研究科 准教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    構成的研究手法と実験学習/生物・生命のとらえ方に関する異文化・異分野間コミュニケーション
    一言メッセージ
    頭の中でモヤモヤしていることに没頭できる(読む・調べる・話す・書く)時間をつくって、有意義に活用してもらえればと思います。私自身、生命・生物に関わるいろいろなことがいつもモヤモヤしています。
  • 佐倉 統
    情報学環 教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    世界観の基盤としての科学知/人文知と科学知の関係/科学技術コミュニケーション
    一言メッセージ
    科学が生み出す知識にはどのような特徴があるのか、どこが優れていてどこが限界なのか、このプログラムをきっかけにいろいろ考えてみてください。
  • 大島 まり
    情報学環 教授
    生産技術研究所 教授
  • 川越 至桜
    生産技術研究所 准教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    科学技術教育/工学教育/アウトリーチ活動・科学技術コミュニケーション活動(特に、工学・宇宙物理学・天文学に関する活動)
    一言メッセージ
    社会における科学技術の意義や役割を伝え、共有するにはどうしたらいいのでしょうか?共有する必要はあるのでしょうか?一緒に考えていきましょう!
  • 塚谷 裕一
    理学系研究科 教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    植物に関するあれこれ。エッセイ書きも趣味。
    一言メッセージ
    一般向け著作、テレビ、ラジオなどにも関わってきた関係で、さまざまなメディア関係者と交流してきましたが、折に触れ、日本ではサイエンスコミュニケーションを巡る状況がまだまだ発展途上だと感じます。社会需要においてもしかり。メディアの体制においてもしかり。コミュニケーターの力量においてもしかり。欧米に比べて極めて大きなハンデがあるなか、インタープリターは日本で一体どういう役目を果たせるのか、ただの憧れからではなく、本当にしっかりと考える必要があると思います。
  • 鳥居 寛之
    理学系研究科 准教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    放射線問題/福島の復興/安全・安心とリスクコミュニケーション/ネットでの情報の拡散/科学者間の異分野相互理解/原発・エネルギー・環境問題
    一言メッセージ
    自然災害や重大な事故により、科学者の社会に対する役割が問われています。リスク認知を伴う科学的知識をどう伝えるべきか、一緒に考えていきましょう。
  • 横山 広美
    国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構 教授
    情報学環 教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    現代科学論/学術情報論/科学の公共政策
    一言メッセージ
    よい情報発信やコミュニケーションには、まず、問題の社会的構造を見極めることが不可欠です。過去から学び、よりよい未来に向けて一緒に考えてまいりましょう。
  • 青野 由利
    教養教育高度化機構 客員教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    科学と社会/生命倫理/天文学/認知科学
    一言メッセージ
    長年、新聞社で科学記者・論説委員をしておりました。社会のあらゆる営みの中に科学がある。それをいつも心にとめて国内外の出来事を見ていきましょう。
  • 小松 美彦
    教養教育高度化機構 客員教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    生命観・死生観の歴史/科学技術・医学と人間の死生/生権力論
    一言メッセージ
    日常生活でも研究でも、「オヤッ」「アレッ」という「気づき」をいかに大切にするかが重要だと思われます。そこで授業では、物事に対する視点のとめ方、問いの立て方の錬磨に努めたいと考えています。
  • 標葉 靖子
    教養教育高度化機構 客員准教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    共創の場のデザイン/ジェンダード・イノベーション/シリアスゲーム/専門知 と正統性/社会技術的想像/市民の科学技術関与
    一言メッセージ
    近年、科学技術イノベーションと社会との問題について、様々なステークホルダーが双方向で対話・協働し、それらを政策形成や知識創造、社会実装等へと結びつける「共創」に注目が集まっています。そのあり方や多様性について、一緒に考えていければと思います。
  • 見上 公一
    教養教育高度化機構 客員准教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    科学技術ガバナンス/自然科学と人文・社会科学の共創/期待の社会的構築
    一言メッセージ
    なんとなく理解していることを、少し距離をおいて、異なる視点からもう一度見つめ直してみると、これまでの理解がいかに偏ったものだったのかを気づかされることがあります。固定観念に囚われることなく、様々な視点を反映させながら、どうやったらより良い科学技術を実現できるのかを考えてみましょう。
  • 内田 麻理香
    教養教育高度化機構 特任准教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    科学技術と異分野の共創/日常生活と科学技術/サイエンスライティング/一方向型の科学技術コミュニケーションの再検討/コミュニティ形成型の科学技術コミュニケーション
    一言メッセージ
    自然科学に限らず専門知には「できること」と「できないこと」があります。その双方を踏まえつつ、どのようにしたら自分の専門が世の中で活きるのか、共に学び探っていきましょう。
  • 定松 淳
    教養教育高度化機構 特任准教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    環境問題/原発/官僚制
    一言メッセージ
    毎年魅力的な学生さんが集まってくれて、自分自身も大いに刺激を受けています。募集書類は少し面倒かと思いますが、自己表現のひとつだと思って前向きに、のびのびと取り組んでいただけたらと思っています。

学内非常勤講師

  • 講義担当教員
    江間 有沙
    東京大学国際高等研究所東京カレッジ 准教授

    詳しく見る閉じる

    興味あるテーマ
    異分野間対話のデザイン/ゲーミング
    一言メッセージ
    このプログラムに興味を持つのは一人でも行動・活躍できる方だと思います。でも、考え方や伝え方スキルのサポート、そして議論する仲間がいるとまた違う地平が見える、かもしれません。詳しくは「先輩インタビュー」へGO!